お仕事紹介

小売業の組織を区分すると次の5つに分類されます。

  • 1. オペレーションラインのお仕事

    オペレーションライン 具体的にいえばお客さまに一番近い店舗のことです。
    店舗では、お客様への接客、商品の在庫管理・検収・発注・陳列、クレームの対応、伝票管理等店舗を運営していくために数多くの仕事があります。
    これらの仕事は、アルバイト、パートタイマー、正社員が商品のカテゴリー別に分類された部門を担当して毎日行っています。
    皆さんは正社員として採用されますので、これらの仕事とは別に労務管理や売上・仕入管理、店舗施設の管理等もやらなければなりません。
    小売業では、日々改善をテーマに仕事をしていくのが原理原則です。
    そのために、常に現状を否定しながら仕事の分析を行い、それに対する仮説を立て、実験・検証を行うことによって、日々の仕事を進化させていく訳です。
    結果はすべて売上高や粗利益高、ロス率といった数字で現れてきますので、考え方によってはこれほど面白い仕事はありません。
    入社されたら、まず店舗の特徴を肌で身につけていただいて、常に自分自身に課題を設定してレベルアップを目指してください。

  • 2. クリエイティブラインのお仕事

    クリエイティブライン 仕入部門、つまり商品部と呼ばれるところです。
    ここでは、ダイレックスの店舗で売るための商品の仕入を行っています。
    当社はディスカウントストアです。ダイレックスの店舗で取り扱っている商品は全部で16,000アイテムあります。
    商品部では、お客さまにとって必要な商品、お客さまの求める商品をどこよりも安く販売することを目指して日々働いています。
    また、ダイレックスのオリジナル商品の開発等もこの商品部で行っています。
    店舗での仕事をマスターした後、商品部のバイヤーを目指してみるのもいいですね。

  • 3. サービスラインのお仕事

    サービスライン これは、いわゆる総務・経理・電算室関係の管理部門です。
    仕事の大半は事務的なものですが、小売業ではフットワークが要求されます。
    常に先を見据えて、店舗の後方支援部隊として日々の仕事を行っています。
    小売業で仕事をするにあたって、一度この部門を経験することによって基礎能力が身につきます。

  • 4. ラインスタッフのお仕事

    ラインスタッフ 具体的には店舗開発、システム開発、販促等を行う潤滑油的な仕事を行う部署です。
    つまり、ダイレックスのあらゆる部署に関連する仕事を行う部署です。
    店舗開発では、出店候補地を探し、様々な分析を行って、新しい店舗を作っていったり、店舗施設のメンテナンス等を行っています。
    また、システム開発ではEOSやPOSをはじめとした様々なシステムを開発しています。
    いろんな意味でやりがいの大きな部署であるといえます。

  • 5. スタッフのお仕事

    スタッフ この部署では、ダイレックスの将来を見据えた会社の舵取り的な仕事を行っています。
    代表的な部署は経営企画部門ですが、ここでは中長期経営計画の策定や予算管理、有価証券報告書等の作成などを行っています。
    企業の中では非常に専門的な知識と能力を要求される部署ですが、小売業では全部署の仕事に精通している必要があります。




以上、ダイレックスでの仕事を組織区分別にご紹介しましたが、みなさんが当社に入社され最初にやっていただくのは、オペレーションラインの仕事です。
その後は、本人の希望や適性をもとに他の4つの組織区分へと異動していくと思いますが、目標さえしっかりともって仕事をしていけば、個人の可能性を十分に満たすことの出来る"やりがい"はきっと見つかると思います。