社員紹介INTERVIEW

>店長(営業部(店舗) / 2011年入社)

オンとオフをしっかりと切り替えることができる

店長営業部(店舗) / 2011年入社

単純に『ダイレックスが好きだった』

学生のときからよくダイレックスを利用していました。当時の自分の中でダイレックスが好きという感情があり、親近感がありました。

なぜかと言われると自分にもよくわかりませんがとにかくダイレックスに行くと色んな商品があり見ていてわくわくする感情がとても大きかったです。

就活をするときもダイレックスが第一に思い浮かび、求人を探したところ募集していたのですぐに応募しました。

なので入社理由は、本当に単純で『ダイレックスが好きだった』『色んな商品に触れることができ色んな経験ができる』の2つです。

入社後のギャップはイメージしていたとおり元気な方が多くみんなで協力して店舗を運営しているので自分の中でギャップは感じませんでした。

店長 ( / 2011年入社)

自分の苦手を克服できた

元々、人見知りがあり初対面も方と話す事がとても苦手でした。しかし、パートさんや社員の方とのコミュニケーションや接客などをしていくにつれて段々人見知りをしなくなりました。

今では、積極的に話すようになり自分の苦手を克服できたので、ダイレックスへ入社してよかったと感じています。

ダイレックスで働いている人は明るく気さくに話しかけてくれるので、そこもいい所だと私は感じています。

ひとつひとつに達成感

売場作りでは綺麗に商品を陳列することを心がけております。お客様がお買いものをする中で、見にくくとりづらい商品の陳列は絶対にしたくありません。なのでできるだけ見やすく取りやすい陳列をする事を心がけております。そうすることで綺麗な売場にも繋がってきますからね!

あとは、店長として他の社員に陳列方法などでは負けたくない気持ちもありますので自分の中で密かにどちらがきれいな売場を作れるか競争をしていたりもします。

仕事をしていての達成感は、売場作りや報告物など様々な作業がありますのでそれを1つ1つ終わらせるたびに達成感を大きく感じる事ができます。一見地味と感じるかもしれませんが、その達成感は自分のモチベーションアップにもつながっているので私の中ではやりがいに感じています。

また、お客様や従業員だけでなく、お取引先様と話をすることも多々あるので色んな人と話す楽しさもありそこもやりがいに感じています。

店長 ( / 2011年入社)

常にプラス思考

社員やパート・アルバイトを含めると1つの店舗に約20~40名の従業員がいますので、全員をまとめる事・教える事に難しさを感じています。

1つの業務が変更した場合、業務を教える際も全員が同じ説明で理解できるとは限らないので1人1人に合った説明をしていく事にも難しさがあります。ですが、社員と協力してできる限りわかりやすく実演などを交え説明していき全員に理解してもらえ、まとめていけるように工夫をしています。

難しい部分もありますが、その分達成感も大きいので常にプラス思考で考えています!

店長 ( / 2011年入社)

個々の能力を活かすことができる所が強み

体を動かす事が好きな方や繊細な作業を得意とする方と人によって能力が異なりますがダイレックスはそこを最大限に活かせます。

その人に合った作業を見つけ、能力を最大限に活かす事で自分自身のスキルアップにもつながってきますし、上司の方もしっかりと評価してくれるので、そこが私が思う会社の強みだと思います。

店長 ( / 2011年入社)

オンとオフをしっかりと切り替えることができる

ダイレックスでは、店長だからといって休みが少ない・勤務時間が長いわけではありません。店長も一般社員と休みの日も勤務時間も同じです。

趣味は、旅行で最近では、友人と宮崎に旅行に行って川で遊んだり、景色を見ながらごはんを食べたりと休日を満喫してきました。オンとオフをしっかりと切り替えることができるのでそこもダイレックスの良さですね。

後輩にも、仕事の話だけでなくプライベートの話もよくしますし、とにかく笑顔が絶えない関係です。上司に関しても、話しやすい環境なのでわからないことなどあった際は何でも教えてくれます。また、自分の意見も聞き入れてくれるので風通しの良さもあります。

店長 ( / 2011年入社)

就活中のみなさんに一言

人と接することが好きな方が一番向いていると思います。

接客や従業員の方・お取引先様と話す機会が多いので人と接することが好きな方が一番に向いていると思います。

店長( / 2011年入社)

他の社員を見る

社員紹介 一覧

社員インタビュー動画MOVIE - interview -

夢を持てば
誰もが主役になれる
Dream

ご応募はこちらから

ENTRY